歯科衛生士の婿

歯科衛生士話は少なめ。主にクルマと仕事のこと。

職場にお土産買うのやめてみた

こんにちは。歯科衛生士の婿です。

 

休みの日に旅行に行ったら、職場にお土産を買わなきゃいけない雰囲気ってありませんか?

僕の職場では特に強く、土日の前後に有給休暇をつけて三連休にした場合でも、何かしらお土産を買ってくるのが慣例になっています。

でも、僕はこの慣習が嫌で仕方がありません。

 

そのお土産貰って嬉しい?

 名物に旨いものなし、と僕の友人がよく言っています。お土産も全て美味しくないとは言いませんが、大阪土産のたこ焼きせんべいとか、〇〇味のプリッツとかアポロとか、正直もらってもそんなに嬉しくないんですよね。
だってもっと美味しいお菓子がすぐ近くのお店で売っているわけですよ。
そんな大したことないお菓子を特に理由もなく配られても、正直困るというのが感想です。
特に今はダイエットに取り組んでいるので、お菓子を配られてところで我慢しなきゃいけないし、食べずにデスクに置きっぱなしにするのも気まずいです。
カバンに入れて持ち帰ればいいじゃん、と思われるかもしれませんが、小包装のお菓子を一個だけカバンに入れておいて、何かの拍子に袋が破れて中のチョコや砂糖がカバンの中に撒き散らされる可能性を考えると持って帰るのも嫌です。


なんで女性社員に配らせる?

これは会社によると思うのですが、僕の勤務先はまだまだレガシーな慣習が根付いており、買ってきたお土産は契約社員のお姉さんに渡すしきたりになっているようです。
が、僕の部署にいる契約社員のお姉さんはそこらの正社員よりはるかに優秀な方なので、お土産配りとかそんなくだらないことに時間を使って欲しくないのが僕の感想です。まぁ五分もかからない作業だし、もし本人が楽しんでやっているのなら無理にやめろとは言いませんが、特に気にもせずその契約社員さんのデスクにお土産をポンと置いていく風習はやめたほうがいいですね。


お土産買ってくるなとまでは言わないけど

だいたいちょっと休んで遊びに行ったぐらいでなんでお土産を買わなきゃいけないのか。


例えば、新婚旅行に行くとかで、職場のみんなからお祝いを貰ってる場合なんかは、何かしらお返しとして買ってくるのはアリだと思います。
また、他の人に仕事を引き継いだり、サポートをお願いして、一時的にチームメンバーの負荷が高くなった場合でも、お礼にという意味合いでお土産を買ってくるのは良いことだと思います。

しかしそれ以外の場合では、むしろお土産なんていらないです。
出張の場合も同様です。
なぜか僕の職場の人たちは出張に行くたびにお土産を買ってきてくれますが、自腹なんですよね。
別に仕事をサボっていたわけではないので、特に気を使うこともないと思うのですが、なぜか買ってきてくれます。
出張というのは体力を使うので、僕はできれば避けたい業務です。それなのに、疲れて帰ってくる途中で荷物を増やすなんてことはしたくないんです。しかも自腹で。

なのになぜか僕の職場の人たちはお土産を必ず買ってきます。
僕は性格が歪んでしまっているのか、出張帰りのお土産を貰うと「こいつ遊び行ってきたんか?」と思ってしまうんですよね。さすがに穿ちすぎですかね。
素直に喜べばいいものを、なぜか喜べないのです。

 

というわけでお土産中止しました

僕はいつからか、長期休み以外では一切お土産を買わなくなりました。
職場に買っていくお土産は人数も考えなくてはならないし、大きい部署だとそれなりにお金もかかります。
そんなお土産選びって楽しくないですよね。
なので、僕は本当に買って行ってあげたい、と思うような、家族や妻、友人以外には滅多にお土産を買いません。

せっかくの旅行なのだから、お土産を選ぶ時間も大切な人の事だけ考えて、職場のことなんて忘れてるのが1番です。

 

お土産を買わなくなった結果どうなったか?

何も変わってません。いつも通り。みんないつも通り話しかけてくれるし、話しかけたら返してくれます。

結局みんなあまり気にしてないってことです。

買わなくなってからはかなり気が楽になりました。

買うの面倒だな、と思っている人は一度やめてみるといいと思います。

かなーり楽になりますので。

 

相手もよろこぶ 私もうれしい オトナ女子の気くばり帳 (SANCTUARY BOOKS)

相手もよろこぶ 私もうれしい オトナ女子の気くばり帳 (SANCTUARY BOOKS)

  • 作者: 気くばり調査委員会
  • 出版社/メーカー: サンクチュアリ出版
  • 発売日: 2017/04/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 
「こちら秘書室」公認 接待の手土産 2017-2018 (日経ムック)

「こちら秘書室」公認 接待の手土産 2017-2018 (日経ムック)