歯科衛生士の婿

歯科衛生士話は少なめ。主にクルマと仕事のこと。

ブリタ Fill&Goを1週間使ってみた感想

こんにちは。歯科衛生士の婿です。

 

僕の会社にはウォーターサーバーがないので、水も自動販売機でミネラルウォーターを買わなければならず、毎日買っているとお財布のダメージもなかなかです。

 

最近は300円均一の店で買ったオシャレっぽい水筒に水やお茶を詰めて行ってたのですが、もうすぐ暖かくなり、必要な水分量を取るには心もとない。

 

水筒を2本持つと重いし、どうしようか迷っていたときにBrila Fill&GoのCMを見て、直後に買いに出かけてました。久しぶりに衝動買いです。しかもわざわざ出かけてまで。

 

Fill&Goの概要

一応概要だけ説明しときます。

Fill&Goは浄水器付きの水筒です。

水道水を詰めて、飲むときに飲む分だけ浄水される仕組みです。

600ml入ります。

フィルタは4週間ほどで交換することを推奨されています。

(1日5L 浄水した場合。そんなに飲めんわ)

 

なので、これで会社の給湯室から出る水道水で夏場をしのごうと思ったわけです。

自動販売機の水は冷えていて、結露が書類やキーボード、スマホに垂れそうで嫌なんですよね。お腹も冷えますし。

ブリタも推奨していますが、常温の水であればお腹への刺激が少なくて済みます。

 

ぱっと見の感想 = でかい。

f:id:Nerimar:20170312154429j:plain

正直、でかいです。

ティッシュの箱と並べるとわかりますが、かなり大きい。

 

下の写真が手に取ったところ。

僕は身長が185cm位あり、手もかなり大きいのですが、それでも持つと少し大きめに感じます。まさに白人規格の大きさです。

小柄な女性にはかなり大きく感じるのではないでしょうか。

 

 

f:id:Nerimar:20170312154550j:plain

 

 

 

パーツは4種類

f:id:Nerimar:20170312154833j:plain

 

左上:ボトル

左下:マウスピース部分

右上:蓋

右下:フィルタ

 

本体は4つに分かれていて、ボトルに蓋をして、その上にフィルタを乗っけてマウスピースをはめる感じです。

 

↓蓋にフィルタを乗っけたところ

f:id:Nerimar:20170312154823j:plain

 

↓その上にマウスピースをはめたところ

f:id:Nerimar:20170312154818j:plain

 

飲み方

スポーツを良くする人ならわかると思いますが、飲むときはこのマウスピースを引き上げて、水が通るようにします。

 

↓マウスピースを引き上げる前

f:id:Nerimar:20170312155230j:plain

 

↓引き上げたあと この状態で口をつけて直接飲みます。

f:id:Nerimar:20170312155239j:plain

 

Fill&Goのいいところ

・コスパ

満足しています。夏は会社の中でも1リットルぐらいは水を飲みたいのですが、いちいち買っていると200円ぐらいはかかります。
Fill&Goの本体は2300円ほどなので、1ヶ月半もすれば元を取れる計算です。それまでにはフィルタも交換しなければならないと思いますが、それでも毎日自動販売機で水を買うのよりよっぽど安いです。

 

・軽い

Fill&Goは浄水器付き水筒なので、家を出るときは水筒は空にしています。600gの重りがカバンに入っているのと入っていないのでは大違いです。

帰るときも水が余っていれば捨ててしまいます。カバンが軽いに越したことはありません。

 

・見た目がまぁまぁオシャレ

これは人によると思いますが、僕はデザインは気に入ってます。

 

・運転中にも最適

クルマが動いているときに飲むのは危険ですが、蓋を締めるのが簡単だし、吸った分だけ出てくるので、こぼすリスクも低くて楽ちんです。

一応ペットボトルサイズなので、ボトルホルダーにも入りますので、この先ドライブには欠かせないかもしれません。

 

改善してほしところ

・飲むのにちょっとコツがいる

よくサッカー選手が休憩時に使っているボトルと違い、硬い材質で作られているので、握ることができません。

なので、飲むときはマウスピースに口をつけて「吸う」ことが必要です。

で、この「吸う」という作業に少しコツが必要で、最初のうちは「ジュルルルル!」という不快な音を立ててしまって周りの人に迷惑を掛けていました。

もう少し静かに飲めるように改良してほしいですね。

 

・デカすぎ

600ml入るのはいいのですが、流石にでかいです。

300mlぐらいで十分なので、ワンサイズ小さいモデルのほうが日本人のサイズ感にはあっていると思います。

 

・たまに水があふれてくる

これは文字では表現しづらいのですが、たまにフィルタ付近の水がマウスピースから溢れてくることがありました。デスクを水浸しにしてしまうので、これも直してほしいですね。

 

 

というわけで、不満点も残る出来のFill&Goですが、コスパ的にも満足していますし、自動販売機でお茶や清涼飲料水で不要なカフェインや糖分を取ることの抑止にもなりそうなので、大変満足しています。

改良版が出たら新しいの買っちゃうかもしれませんが、今年の夏はこれで乗り切ろうと思います。

 

 

 

 

 追記

本当にお得なのか、念のため計算してみました。

週5日会社で100円分の飲み物を買っていて、それをFill&Goに置き換えた場合は、回収までに約60日かかることになります。

 

f:id:Nerimar:20170520143514p:plain

 

(投資額=本体費用 + 交換フィルタ費用 本体=2300円、フィルタ=2000円。真面目に4週間毎に交換している場合で計算)

 

週5日200円分の飲み物代をFill&Goで代替すると、約30日で回収完了です。

f:id:Nerimar:20170520143528p:plain

 

 なので、毎日水筒一本持っていって、あとは1本ぐらいはお茶やコーヒーにしたい、という方にはお得ではないかもしれませんね。

 

毎日ペットボトルの水を買っていてもったいないと思っている人や、環境のことを考えてゴミを出したくない人にはおすすめですね。

 

※2017/05/20 グラフに変な項目が混ざっていたので差し替えました。