歯科衛生士の婿

歯科衛生士話は少なめ。主にクルマと仕事のこと。

ジェンダーカラーという大人のエゴ

 

子供のランドセルの色をめぐって、いろいろ議論されていますが、ジェンダーカラーについては僕も洗礼を受けたことがあります。

 

幼稚園の頃、おばあちゃんにメガネケースを作ってあげようという企画がありました。

木製のメガネケースをマジックペンで絵を描いたり色を塗ってあげる、というものでした。

ぼくはかっこいいと思ってメガネケースを黒一色に塗ったのですが、なぜか先生に叱られました。割とマジ目に怒られました。

その理由が、黒はおばあさんの持つ色ではない。というもの。つまりジェンダーカラーがおかしいと言われたのです。

その先生はおばあさんは女の人だから、赤とか黄色とか使いなさい!とも言ってきました。

 

ぼくは女の色、男の色が全く理解できなくて混乱したのを覚えています。

なんで男女で色が決まっているのか、本当にわからなかったのです。

大体、戦隊もののリーダーって大体男で赤着てるし、黄色は男女入れ替わって使われているから、赤が女の子色と言われてもピンとこないんです。

 

しかし、女の子の色、男の子の色というのは小学校に入った頃まではよく聞きましたが、ある程度歳をとると全く聞かなくなりました。

なぜか大人になるとジェンダーカラーは無視していいようになったるらしいです。

男性でもピンクのシャツやネクタイをするし、女性だって紺のスーツを着ます。

大人になればみんな好きな色を着ておしゃれして、男でも真赤なクルマに乗ります。

 

大人は好きな色を選べるのに子供は男女決まった色しか使えない。それも特に理由のない男の子色女の子色で決められてるなんて、大人のエゴとしか思えません。

男は女はこうあるべきという先入観というか固定観念での押し付けです。

 

ま、ランドセルに関しては僕らが子供頃は黒と赤しかなかったですから、その分ショックが大きいというか、理解しづらいのだと思いますが。

 

特にどうということはないのですが、ジェンダーの洗礼という言葉に惹かれてエントリー書いてみました。

 

ちなみに僕の祖母は目が良かったのでメガネケースなんぞ不用だったんですが、幼稚園の先生にそれを言っても理解されませんでした。目の良い老人がいるはずがない、ぐらいの言い方されたので結構ショックだったのですが、今思えば世間知らずの可哀想な人だったんだな、と。

そのあと父親に灰皿をプレゼントする企画があったのですが、僕の父はタバコを吸わないのでこれも無駄になりました。

この時は父がタバコを吸わないことは理解されたものの、大多数の大人の男はタバコを吸うので、周りに合わせろ、という割と理不尽なものでした。

おしまい