歯科衛生士の婿

歯科衛生士話は少なめ。主にクルマと仕事のこと。

性格重視が批判されない理由はなんなのか

恋人や結婚相手の条件に顔の好みを入れると批判される事があります。

僕も最初は顔で相手を選ぶ人には批判的でした。

でもそれには根拠なんてなかったんです。イケメンと付き合いたい、美人と結婚したい、という欲求がなぜ悪いのか、今でも説明できません。

 

顔重視否定派は、だいたいこう言います。「人は外見ではなく内面で選ぶべきだ」と。

しかし、これは正しいのでしょうか?

外見で選ぶのがダメで内面で選ぶのが正しいと説明できますでしょうか?

 

・家事もやってくれて、話を聞いてくれる優しい夫

・厳格で家事はせず、メシ、風呂、寝る以外の会話をしない夫

のどちらがいいですかね?

だいたいの人は前者の方を「いい夫」としそうです。

でもこれが

・家事もやってくれて、話を聞いてくれる優しい夫(40歳フリーター)

・厳格で家事はせず、メシ、風呂、寝る以外の会話をしない夫(40歳開業医)

だったらどうなりますかね?

 

優しいけど貧乏で怠惰な夫と、つまんないけどステータスと金を持ってる旦那。どっちがいいですかね?

 

実はここでもどっちがいいのかはわかりません。

なぜなら人の幸せというものは「人それぞれ」だからです。

 

医者との生活はつまらないかもしれませんが、金銭的には充足しそうです。

逆にフリーターとの生活は金銭的余裕がないかもしれませんが、会話や冗談を楽しむ事ができるかもしれません。

どちらがいいのかは本人にはしかわからないですから、本人がしっかりと自分の事を知り、自分が幸せになるには何を重視すれば良いのか見極める必要がありそうです。

 

タイトルとずれてしまいましたが、要は性格重視で人を選ぶのは外見重視で人を選ぶのと変わらないんじゃないかな、ということです。