歯科衛生士の婿

歯科衛生士話は少なめ。主にクルマと仕事のこと。

スバル WRX S4 のいいところを勝手に述べていく

スバルから限定仕様車「WRX S4 tS」が発表されましたね。

通常のS4よりもブレーキやサスペンションなどの装備がアップグレードされ、よりスポーティーに、またサーキット走行にも耐えられるように強化されています。

 

autoc-one.jp

 

お値段は約500万円から。日本車にしては結構な価格です。

高いけど、正直「欲しい!」です。

 

でもあんまりピンときていないというか、批判的な人も多いので、S4の素敵なところを勝手にアピールしていきたいと思います。

 

スポーツカーだけど2ペダル

S4はオートマ車です。つまりクラッチがありません。僕はここが気に入ってます。

 

なぜ2ペダルがいいのか。

・持病で左足が動かない事があるから

この理由はすごく大きいです。僕は腰椎椎間板ヘルニア持ちですので、たま〜にですが左足を動かせなくなります。

つい最近も症状がでて、歩くこともままならなくなり、病院までクルマで行ったのですが、クラッチがあったら絶対に乗れてませんでした。左足を動かしただけで踵から腰まで電気が流れるような激痛が走り、クラッチどころではないからです。

 

こういう事態を見込んでオートマのインプレッサを買ったのですが、正解でした。

僕だって本当はマニュアルのインプレッサに乗りたかったですが、仕方ありません。

 

・ペーパードライバーの妻も運転する可能性があるから

我が家は東京在住です。23区内なので、クルマは無くても生活できます。

なので妻はクルマを所有していません。普段クルマを運転しないので、妻はペーパードライバーです。

しかし、これから子供が生まれたりすると、妻も運転をしなければならない状況になることは容易に想像できます。

なので、ペーパードライバーにも優しいオートマ車は選択肢としてありなのではと思います。

 

アイサイト搭載!!

自動ブレーキといえばアイサイト。アイサイトが日本に自動ブレーキを広めたと言っても過言ではありません。ま、僕はスバルファンなのでバイアスがかかってますが、アイサイトの実力は実証されており、アイサイト搭載車はすべて予防安全性能アセスメントで高評価を得ています。

www.subaru.jp

 

で、なんでアイサイト欲しいのかというと、決して運転が下手くそでよく追突するからではありません。

・往復1000Kmの旅を楽に安全に

アイサイト搭載車がほしい理由はいくつかありますが、やはり長時間の運転をすることがある、ということが大きいです。

僕も妻も地方出身なので、里帰りは一苦労です。特に妻の実家は新幹線を使っても遠い場所なのでクルマで帰っています。片道約500km。高速道路のあとは山越えのワインディングロードに入るため、結構疲れます。

帰りは関越自動車道を使うので、連休最終日の夜なんかはよく渋滞します。

500km運転して、義父としこたま飲んで笑って甥っ子と遊んで疲れ切った体で500kmの復路はかなり堪えます。

しかし!アイサイトがあれば混んでいないときは自動追尾運転ができますし、渋滞時もついうっかりな追突事故も防げます。(アイサイトのバージョンや車種にもよりますが)

というわけで長旅が多い我が家にはアイサイトは必須なのです。

 

・妻がペーパードライバー

ま、これも理由の一つ。

アイサイト搭載車で安全運転に励んでもらいたいです。

 

 スポーツリニアトロニック

かっこいい名前がついていますが、要はCVTです。

いわゆる無段階変速機なんですが、これは実は結構評判が悪いみたいです。

CVTの悪いところは

・クルマのパワーが無駄になっている

・回転数と速度がマッチしないから気持ち悪い

・変速ショックがないから気持ち悪い

・すぐ壊れる

・燃費効率が悪い

とかその辺ですかね。あんまりちゃんと調べてないからわかりませんが、とりあえず評判は悪いみたいです。

 

ですが、僕はCVT嫌いじゃないです。

なんでかって?

オートマ車のガックンガックンが大っ嫌いだからです。自分で運転してても酔いそうになることありますからね。

今僕が乗っているインプレッサWRX STiはATモデル。つまり普通のオートマティック車です。なので、変速ショックがそれなりにあり、状況によってはエンジンブレーキが急に効いたりして同乗者が不快に思っていないか心配になることがあります。

 

その分CVTはスイーーーっと滑らかに加速するので気持ちいいです。

といってもCVTのハイパワー車はS4しか運転したことがないので比較できないのですが、S4の加速は最高でした。気持ちいいです。試乗したときの加速の感触は未だに忘れられません。

  

実際にはパワーを無駄にしていて、燃費効率も悪いのかもしれませんが、滑らかな加速が好きな僕にとっては素晴らしい選択だと思います。

 

S4 tSを批判されている方は、スバルのCVTに乗ったことがないのかもしれませんね。僕も試乗するまでは大したことないだろうと思っていましたが、思った以上にスムーズかつ気持ちよく加速しますから、まだ未体験の人は是非S4の試乗を!CVTへの考え方が変わるかもしれませんよ。

 

というわけで、勝手にS4の魅力を語ってみました。