読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歯科衛生士の婿

まったり系ウェブマーケター

クレーマーじゃないけどクレームの入れ方を褒められた?件

僕の妻は元サービス業。ホテルの客室係をしていたので、接客には多少うるさいです。

とはいえ、お店でスタッフさんに何かを言ったりすることは滅多になく、気に入らない店には行かなければいい、というスタンスでやってます。

 

その妻にふと言われたのが「あなたのキレ方がサービス業にとって一番嫌」ということ。

 

実は、今結婚式の準備中なんですが、担当プランナーさんがダメダメなので交代してくれってクレーム入れたんですね。

で、その時の電話で僕は声を荒げることもなく、淡々と先方の不手際を指摘しました。

で、その電話の後、担当を変えるという連絡をいただきました。

 

その時に妻に言われたのが、冒頭の言葉でした。

 接客に慣れてくると、キレてるお客さんはむしろ楽勝で、しばらくすると落ち着くからとりあえず謝って話を聞いておけば収まることが多いそう。

逆に冷静に怒っているのが一番キツくて、なかなか収まらないのだとか。

 

実際のところ、僕はそんなにキレてはなくて、ただ淡々といつも仕事でベンダーさんとかコンサル会社の人に指摘するときと同じテンションで話しただけなんですけどね。

 

おかげさまであっさりプランナーさんが交代、不手際のカバーのため、責任者の方が色々動いてくれました。

 

僕はあまりクレームとか入れる方ではないと思っていますが、怒鳴っても慣れた人には意味がありません。

クレーム入れる時は冷静に話すのがいいみたいですね。