読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歯科衛生士の婿

まったり系ウェブマーケター

ねこ好きは猫になりたいんだと思う

こんにちは、ねりマールです。

 

突然ですが、僕は猫が好きです。

どのぐらい好きかというと、数値化が難しいのですが、格安スマホを使っているとノラ猫を撮影しようとしてもカメラ起動中に逃げられるので、カメラの起動時間が短いiPhoneSEを買ってきたぐらいには好きです。

 

犬派猫派で聞かれると、猫派と即答しますし、大事なクルマに足跡をつけられても猫なら笑って済ませます。野良犬なら保健所に通報しますが。

 

猫ならひっかかれても、ゴメンね、驚かせちゃったね、と思えるぐらいには好きです。

 

で、普段から猫関連のエントリーなんかを見つけると大体読むんですが、こんな記事を見つけたんです。

 

 猫は何故かわいい?7つの理由と可愛い事を自覚するネコたち - 犬猫大好き!情報室

 

これ、納得できるけど違うんですよ。多分。

猫を凄くかわいいと思う人とか、猫が好きって人は猫になりたいんですよ。

 

目が大きいとか肉球がとか、多分後付けなんですよ。

 

猫がかわいいから好きなのではなく、憧れなんですよ。

 

猫の生活って、大体どんな人でも同じようなことを想像すると思うんです。

日柄寝ていて、気が向いたら飼い主のところに来たり、外を散歩したり。

 

そんな猫の自由さや、周りに干渉されずに生きる、孤高?の姿に憧れているんです。

 

ノラ猫は多少汚れていても凛々しく生きています。残飯を漁ったりしているけど、それは生きるため。

飯以外はのんびり適当にやってます。少なくともそう見えます。

 

しかし、趣味の悪い金持ちババアが飼っている、毛を染められたねこは、可愛いと思いますか?

額の上の毛だけ紫に染められちゃったようなペルシャ猫とか。

どちらかというとかわいそう、という感情が先に来ません?

たぶん、ああはなりたくない、という気持ちがあるからではないでしょうか。

 

そういえば、どこで聞いたか忘れましたが、猫派より犬派の方が年収が高いそうです。本当かどうかは知りませんが、猫好きは現状に満足できなくて、猫の世界に逃避したいのかもしれませんね。

 

あー、猫になりたい。

猫になって一人暮らしのおばあちゃんと暮らしたいと思うのでした。