読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歯科衛生士の婿

歯科衛生士話は少なめ。主にクルマと仕事のこと。

六曜などという迷信で結婚式の日取りは決めたくありません

さて、本日は日本のカレンダーには高確率で載っている「六曜」について。読み方は様々ですが、面倒なので六曜で統一します。

 

先日、結婚式を挙げるために、式場の予約をしてきました。

私は六曜というものは迷信だと思っているので、お日柄というものは気にせず赤口の日で挙げることにしました。

 

六曜というのは鎌倉時代とか室町時代あたりに中国から伝わってきた占いがもとになっているそうです。

もともと誰も使っていなかったものだそうですが、明治あたりになぜか復活しちゃったそうです。もともとは暦業者のマーケティングの一環だったとかなんとか。理由はともあれ面倒なことをしてくれたもんです。

 

ところで六曜といえば、先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の六種類ですが、ちゃんと意味を理解されている人ってどのぐらいいるんでしょうか?

私はなんとなく、「大安>・・・・>仏滅」ぐらいにしか思っていませんでしたが、一つ一つちゃんと意味があるようです。

 

結婚式のバイブル、ゼクシィさんによると、それぞれこんな意味だそうです。

★大安(たいあん)

「大いに安し」の意味。六曜の中で最も吉の日とされる。
終日万事が吉なので、結婚式や結納は大安の日に行われることが多い。
★友引(ともびき)

昼は凶。午前、夕方、夜は吉。大安の次に結婚式に適している。
「幸せのおすそ分け」という意味で、結婚披露宴の引出物を発送する人も。
★先勝(せんしょう/さきがち)

「先んずれば即ち勝つ」の意味。万事に急ぐことが良いとされる。
午前が吉で午後が凶。午前中から式を始めれば午後になってもOK。
赤口(しゃっこう/しゃっく)

午の刻(午前11時ごろから午後1時ごろまで)のみ吉で、それ以外は凶とされる。
★先負(せんぷ/さきまけ)

「先んずれば即ち負ける」の意味。
万事に平静であることが良いとされ、勝負事や急用は避けるべきとされる。
午前は凶だが、午後は吉。
★仏滅(ぶつめつ)

「仏も滅するような大凶日」の意味。もしくは「物滅」として「ものを失う」の意で凶。
六曜の中で最も凶の日とされ、婚礼などの祝儀を忌む習慣がある。
ただし終日凶とする説と、午後は縁起がよいとする説に分かれる。

 

 

私の結婚式は赤口で、13時開始なので吉ではないですね。

ただ、この六曜、もともとの意味から変わっているものもあるそうです。

 

大事なのは、この六曜という暦の習慣は「仏教とも神道とも何の関係もない」ということです。

詳しいことは「六曜 根拠」などで調べるともっと詳しく書かれている方がいらっしゃるので、そちらを参照してください。

 

幸い妻の両親も私の両親もこのような迷信を気にする人ではなく、「二人で決めなさい」と言ってくれているので、まったく気にしていません。

 

しかし、「大安じゃない結婚式なんて!」という人には声を大にして聞きたい。

六曜の根拠って何ですか??」と。

答えられない人、多いんじゃないでしょうか?ちなみに私はさっぱりわかりません。迷信ですし。

こういうのを気にする人は大体「昔から決まっているから」とか「伝統だから」を根拠にしますが、これは根拠ではありません。思考停止しているだけだと思います。

 

ただ、お年寄りは六曜を気にする人多いですし、あんまり邪険にするのもかわいそう。

お葬式が友引だとNGというのは、「友引」→「友を引く」→「一緒に三途の川渡ろうね!」という意味を「連想」させるからだそうです。まあこれも思いっきり迷信なのですが、せめていつか家族が亡くなった際は友人親戚が誰も来ないとかわいそうなので、お葬式は友引以外でやりますかね、、、

 

こんな根拠のないことで結婚式やらの日取りを決めるのはアホらしいと私は思います。

事実、大安吉日に結婚式を挙げたわが義兄はわずか数年で離婚。その後妻の姉と結婚したのですが、そんなもんです。