歯科衛生士の婿

歯科衛生士話は少なめ。主にクルマと仕事のこと。

オイル交換のコスト削減を考えてみた

エンジンオイルの交換は重要。
クルマが好きなら誰だって知っている事ですが、結構費用がバカになりませんよね。

 

僕はいつもカストロールのエンジンオイルを使っていたのですが、オートバックスとかで買って入れると大体6200円/4Lぐらい。エレメント交換も入れると4Lじゃ足りなくて、1L缶を買い足すのでエレメント代と合わせて3000円ぐらいプラスされます。
交換頻度は年に3回ほどなので、大体年間2万円から25000円ぐらいはかかっている計算です。

これは家計にはなかなかハードな支出。

というわけでオイル交換にかかるコストを最小化するべく色々調べてみたのでその結果を書いてみます。

 

カーショップお任せパターン

まず、だれでもすぐにできる方法が、オートバックスやイエローハットにクルマを持込み、交換してもらう方法。

これは多分一番楽ちん。オイルを運んだりする必要も無いし、お店で選んで待っていればいいですから。

お店でオイルを買った場合は交換工賃が無料の事が多いです。
ただ、オイルの単価は高め。
僕が使っていたカストロールmagnatec 5w-40の4L缶で税込6200円ぐらいです。お店によって差があるのと、たまにセールで安くなっている事もあるので、確実ではないです。

 

ディーラーさんで交換

これも楽ちんパターン。
しかしカーショップよりさらに高いです。
あと選べるオイルが少ないですが、純正入れてくれるので間違いはないと思います。

自分で交換(DIY)

これは一番大変なタイプ。
ネットなどで買って自分で交換。
もちろん工賃はタダ。
ですが色々道具が必要で、道具の置き場所や作業場所も確保しなくてはなりません。
自宅駐車場が立体駐車場の場合は作業場所の確保も難しいです。
駐車場が広い田舎の人か、都会でも自分のガレージを持てる金持ち向け。
金持ちはディーラーさん行ってください。

 

ネットで買ってカーショップで交換

いいオイルはいい値段します。当たり前ですが。
が、楽天やyahoo!ショッピングで色々探すと、送料入れても大体カーショップの60〜70%ぐらいの値段で売られています。びっくりするぐらい安いです、マジで。

 ↑普段使っていたオイル。amazonだと2000円以上安くなっています。

 

また、店舗によると思いますがオートバックスとかにオイルを持ち込んでも500円ぐらいでやってくれます。

DIYと持込どっちが安いか?

DIYだと確かに工賃は無料です。
しかし、自宅でオイル交換をする場合はそれなりに道具をそろえる必要があり、道具もさほど安くはありません。

まず、上抜きだけを想定しても、オイル用ポンプ、廃オイル用の受け皿、オイルジョッキなど。
全部揃えるとそれなりの値段になります。大体5000円とかそのぐらい。
一方、持込オイル交換の工賃は500円。
どう考えてもカーショップなどに持ち込んで工賃を払ったほうが安いです。

ちなみに僕は今回からもう少しいいオイルを使いたいと思い、モービル1のオイルをチョイス。

Mobil エンジンオイル モービル1 5W-40 SN 4L [HTRC3]

Mobil エンジンオイル モービル1 5W-40 SN 4L [HTRC3]

 

 大手カー用品店では7200円ぐらいのオイルが約4000円で買えました。

これを近所のオートバックスに持ち込んで500円の工賃を支払って完了です。
大体2500円は浮きましたね。

 

正直、オイル交換作業は嫌いではないのですが、マンションぐらしでスペースがないのと、道具を置く場所も気にしないといけないので、東京にいる間はネットで買う→どこかに持ち込みというパターンで過ごしたいと思います。

オートバックスはオイル交換の予約ができるので、さほど待たずに済みますし、いいですね。

テレビCMが無くなってほしいと思うワケ

こんにちは。ねりマールです。

 

こんなことを言ったら怒られるのかもしれないのですが、TVCMというものがなくなってくれないかな、と思っています。

 

というのも、最近webプロモーションの他にマス広告の出稿にも少しだけど関わることがあり、その金額のデカさにドン引きしているからなんです。

 

タレントさんのギャラにドン引き

まず、広告代理店さんからタレントのリストがもらえるんですけど、そのリストには僕でも知っているような有名な俳優さんとかアイドルだとかの名前がズラッとと並んでいて、その横に◯◯万円~と言った風にギャラの概算が載っているんですね。

その額が、誰でも知っているような有名な女優さんとかだと軽く数千万円。億に手が届きそうな人も。

僕の勤務先は業界シェア5%未満の弱小ですから、これでも「お安い」値段設定のタレントさんのリストなんだそう。

この金額、1年契約とかそのぐらいの金額ですからね。すごい世界ですよね。

 

CMの枠の金額にもドン引き

先に述べた通り、僕の勤務先は業界の中では小さい方。なので、ゴールデンタイムにバシバシ広告をいれる、ということはしません。というか出来ません。

7時~9時ぐらいのバラエティ番組にCM出すとなると、何億円が一瞬で飛びそうな金額でした。

僕たちは深夜枠を中心に細々と枠を買い、CMを流していたのですが、それでも半年で5億円ぐらいは使っていたようです。すごい額。

ます担当の人にいうと怒られそうですが、全く回収できてないので二度とCM打たないでほしいと思ってます、、、

 

その額が商品に乗ってるんです、、、

で、何が気になるかって、ゴールデンとかにバンバンCM売ってると、数十億円とか余裕で使うわけです。そのお金ってどこから出るの?って、商品やサービスの売上から捻出しているんですよね。当たり前ですが。

ということは、例えば年間1万台売れるクルマがあったとして、そのクルマのCMに10億円ぐらい使っているとします。

すごい適当な計算ですが、10億円 ÷  1万=10万円。なので、1台あたり10万円ぐらいは余計にコストがかかっているわけです。

これは他の商品やサービスでも同じで、購入する件数が少なければ少ないほど、1商品・サービスに乗る金額も増えるはずです。

 

CM以外にも商品には開発費やCM以外のプロモーション、人件費などその他もろもろの費用が載ってくるのは当たり前だし、CMの費用が乗るのも別に悪いことではないと思います。

 

ただ、僕は自分の好きなものは自分で決めて買いたいのに、勝手にCM流されて欲しいものの金額が上がっているのが嫌なだけです。

なのでなるべくCMしていないもので良い物を探すようにしてたりします。

 

TVCMがなくなるとどうなるか

代理店さんやCMで稼いでいる周辺業界の方は困るかもしれませんが、それはここでは置いといて、一般消費者にとって何が起きるかを考えてみます。

 

まず、無料のTV番組がなくなります。

知っての通り、民放のTV番組はTVCMを出すスポンサーからもらったお金を制作費に当てていますから、TVCMがなくなれば制作費がなくなり、コンテンツを作ることが出来ません。なのでケーブルテレビのように有料になるか、webで有料会員だけが視聴できる番組を作ることになると思います。

 

これは僕個人の考えですが、無駄に見てしまうバラエティがなくなるので、ちょうどいいなーと思います。ニュースが見れなくなるのは痛いですが、そのぐらいはお金出します。

あとドラマや映画も有料になりますが、途中でCMが入らず集中して見られるのでいいですね。最初の2話ぐらいを無料にして、残りを有料にするとかで好きなものだけお金払って見るようにしたいです。

 

でもその分商品もサービスも安くなるかも

希望的観測ですが、、、TVCMという莫大な費用が必要になるものにお金をかけなくていいので、その分値段設定が下げられるんじゃないかなーと。

そうすると普段の買物のコストが減る→余剰資産が増える→好きなコンテンツだけ買う。という全く無駄のないサイクルが出来上がるような気がします。

ま、あくまで気がするだけ。

あとスポンサー気にした発言とかもなくなるからちょうどいいなー、と。

 

僕は意志が弱くて、ついついテレビを見すぎてしまうので、この際TV文化自体なくなってほしいとも思っています。その分仕事や勉強に打ち込めますし、自分が欲しいコンテンツはお金を払って買えばいいわけですからね。

これなら視聴者も面白いものにしかお金を払わなくなるだろうし、テレビ局のゴリ押しで出てくるつまらない芸人やおバカタレントも消えてくれてちょうどいいと思います。

 

 

Fire TV Stick (New モデル)

Fire TV Stick (New モデル)

 

思考をまとめるときはやはり紙が一番

僕の勤務先でもようやくペーパーレス化が進み、会議資料なんかはプロジェクターやモニターに投影するのが普通になってきました。

 

この流れはいいのですが、最近やっぱり紙もいいなーと思うので、いくつか買い物したら劇的に仕事の効率がアップしました。

 

買ったのは

  • A4レポートパッド
  • シャープペンシル
  • 消しゴム
  • 筆箱

だけ。

 

まず、紙に書くことは何がいいのか。正直わかりません。

ただ書いては捨て、書いては捨て、を繰り返すことで思考がまとまってくるのを実感できました。

これ、たぶん普通のノートじゃダメなんです。千切れないから。

レポートパッドは簡単に切り離せるので、要らなくなったら剥がしてポイ。

もったいないと思うかもしれませんが、紙切れ一枚のために無駄な時間を使うのはもっともったいないです。

 

同時にシャープペンも買いましたが、これのいいところは消せること。

当たり前じゃんと思うかもしれませんが、ボールペンで書いたのをガシャガシャと塗りつぶして消すのと、シャープペンで書いたものを消して綺麗に書き直すのでは頭の中での整理の効率が違います。たぶん。これも根拠はありません。

 

とにかく、シャープペンでガシガシ書く→消す→書く→消す→書く

→新しい紙にまとめ直し

みたいなサイクルで整理できるのがいいんです。

 

ちなみに、裏紙を使う人もいますが、僕は反対です。

裏紙の悪いところは、

  • 汚い
  • 罫線がない
  • 集めた裏紙を整理する時間が無駄
  • 表に書いてある内容が裏に映る
  • というか表に書いてある内容を思い出して気が散る
  • 機密事項とかあったらどうするの
  • そもそもペーパーレス推進したら裏紙の供給が不安定

などなど。

メリットはコストを制限できることと、もったいない精神を満足させることだけで、正直あまりいい手だとは思っていません。

それにコピー用紙は鉛筆の書き味が悪いので書きづらく、疲れます。

 

ちょっとしたメモなら裏紙を使ったり、pcで管理しているtodoリストにするのでいいと思いますが、パワーポイントで資料を作る前段階や、企画をまとめるときには専用の考えるグッズがあっていいと思います。

 

僕は今までノートとボールペンを使っていましたが、これは打ち合わせメモぐらいにしか使わないことにしました。

考えるときは考える用のセットを使うことに決めています。

というわけで僕が最近愛用している考えるとき専用グッズがこちら。

 

 三菱鉛筆 クルトガ アドバンス

シャープペンと消しゴムとか、高校生っぽい(子供っぽい)と思って、大学入ってから買ったこともありませんでした。

なのでシャープペンと消しゴムを買うのは15年ぶり。

シャープペンはクルトガを買ったのですが、すごく進化しているんですね。

芯が回って常に芯の先が尖った状態で書けるのが特徴ですが、僕はクルトガは疲れにくいと感じました。芯が太くならないから紙との摩擦が少ないためかな、とも思いますが、原因はよくわからず。

 

消しゴムは15年前からあんまり変わってないですね。オシャレなデザインのものでもよく消せるようになったぐらいの印象です。

クルマ好きとしてはこれを使ってみたい。

ADVAN 消しゴム

ADVAN 消しゴム

 

 

 

マルマン A4レポートパッド 5mm方眼罫

レポートパッドはこれ

普通の横罫線より、方眼罫のほうが文字をインデントするときに整理しやすいので好みです。この辺は好みなんでしょうね。

できる人は方眼ノートを使う、という本を読んで方眼罫を使い始める人は多分デキる人にはなりません。これも偏見だけど。

このレポートパッドの特徴は、書き味がサラサラで疲れにくいことと、紙が薄いこと。加えてあまりページ数も多くないので、軽くて助かります。ページ数が少ないので値段も安く、水に濡れてグチャってなったり、カバンの中で折れ曲がったりしても、悲しみも軽減されます。

 

筆箱はまあなんでもいいや。入ればいいと思います。あと汚くないやつ。

ネットを見ていると未だに紙とペン持っているやつは出来ないやつ、という意見もちらほら見られましたが、これこそTPOを見極めないとダメですね。

僕も流石に議事中のメモなんかはPCで書いてますし、予定も会社のGoogleカレンダーで管理してます。

紙とデジタルそれぞれの良いところをうまく使っていきたいですね。 

 

 

 

 

 

 

データ分析と覇王翔吼拳

変なタイトルだが、本日はデータ分析の話をしたい。

 

というのも、最近僕の勤務先でもデータ分析をしようという流れがあり、何故か勢いでデータ分析チームというのが立ち上がっていたのである。

そもそも流れで作るものでもないだろうというのはごもっともだが、出来てしまったものは仕方がないので、微力ながら協力することになった。

 

そこで得た教訓が「データ分析は覇王翔吼拳」だ。

 

何が言いたいのかわからないかもしれないが、順を追って説明したい。

 

分析のための分析

これをやるともうおしまいだと僕は思っている。その分析プロジェクトは崩壊する。

分析のための分析とは、「何をしたいのか」という目的が分析になっているパターンのこと。

分析とは何かを明らかにするために行うもののはずだ。ビジネスであれば売上減少の要因、政治・政策であれば法規制により犯罪の発生を抑止できたか、などだ。

これらの分析の行き着くところには、売上減少の要因を排除・改善や、法規制の見直しという「行動」がある。

しかし、分析のための分析には「行動」はない。

分析をしてハイおしまい。である。

 

分析のための分析はどこにでもいる

こういうことはどこでも起きうると思っている。

分析に限らず、Excelで集計シートを作るときも、なまじExcel慣れしている人が作業をすると余計な関数やグラフ、シート間の参照が増えて、重くてわかりにくいExcelファイルが出来上がってしまう。

ビジネス経験のある方であれば、そのような奇々怪々なExcelを一度は見たことがあるのではないだろうか。

これの原因は「分析のための分析」と同じで「ExcelのためのExcel」を作ってしまっているからだ。分析は「目的と行動のため」、Excelは「集計や可視化のため」でなくてはならないのにだ。

 

原因がわかっていれば答えは簡単だけれども、残念ながら僕は明確な答えを持っていない。ただ言えるのは、ちゃんと目的意識を忘れなければいいだけの話でもある。

しかし、それが出来ないから「分析のための分析」という誰もハッピーにならない行動が生まれてしまう。

 

 分析と格闘ゲームは同じ

前置きが長くなったけれども、僕は職場で「分析のための分析」を眺めているうちに、「あ、これはアレだ。格ゲーと同じだ」と気づいたわけである。

挌ゲーとは格闘ゲームのことで、ストリートファイターとかそのあたりの人や動物やロボットなんかが殴る蹴る投げるで相手をしばくあれである。

 

僕が小学校のとき、「龍虎の拳」という格闘ゲームが流行り、そのゲームに登場したのが覇王翔吼拳だ。

 

覇王翔吼拳は強力である。当たれば相手の体力を大量に削れるし、見た目もかっこいい。

しかし、外せば隙が大きいし、技を出すのに必要な気力も使い切ってしまう。つまり、ここ一番で出すべき大技である。

 

にも関わらず、小学生の僕は覇王翔吼拳を出したくて出したくて、他の技には目もくれず覇王翔吼拳のコマンドを入力し続けた。

当然、相手には見え見えだし、技の出し終わりに襲われるどころか、出す前にやられてしまっていた。

 

僕は「覇王翔吼拳のための覇王翔吼拳」を出そうとしていたのである。おかげさまで誰でも勝てるコンピュータ戦にすら勝てず、僕は龍虎の拳をクリアすることはできなかったのである。

最近になってYoutubeなんかで龍虎の拳のプレイ動画を見ると、上手い人というのはほとんど大技を使わない。使っても確実に当てられるときや連続技のフィニッシュに使っているのである。

上手い人というのは目的が技を出すことではなく、「勝つこと」であったのだと思う。

だから大技を出すことにこだわらず、勝つための技を使っていたのである。

考えてみれば当たり前だが、小学生の僕は気づかなかったのであり、格闘ゲームが弱い原因はそこにあったと思う。

 

 

これはビジネスでも同じことが言えるのではないだろうか。

最近はデータ分析やらデータサイエンティストやらが流行っているからうちもやろう、という流れを効くのだけれど、データ分析は龍虎の拳で言うところの覇王翔吼拳なのである。

つまり、強力だけどミスると痛い。そして派手なので使いたくなる。

ミスらないためには分析の先に何があるかを考えなければならない。格闘ゲームが上手な人が「勝つこと」を考えていたように、分析の先には「改善施策と行動」があるはずだ。

 

とまあ好きに書いていたら全然まとまりのない文になってしまった。

「分析は覇王翔吼拳」というフレーズが同僚にウケたので使いたかっただけです。

おやすみなさい。

 

SNK ARCADE CLASSICS Vol.1

SNK ARCADE CLASSICS Vol.1

 

 

 

 

 

サイドミラーに撥水加工をしよう

本日関東地方はそこそこの大雨。

久しぶりに雨の中をドライブしたけど、うっかりミラーの撥水加工が取れちゃってて焦りました。

ガソスタで洗車してもらったときにスタッフさんがミラーを拭いちゃってたみたいです。

 

なんで焦るかって、ドアミラーが役に立たなくなって超危険だから。

 

水滴の付いたミラーは危険

撥水加工が剥がれるとどうなるかというと、こうなります。

 

f:id:Nerimar:20170513162951j:plain

水滴でドアミラーが役に立たない、、、

 

ライトを付けているクルマの前にFitがいますが、黒い車体で無灯火なのでまじで見えないです。

 

この状態で車線変更とかするとなると、左右の後ろが見えづらく、かなり危険です。

ライトを付けてくれているとわかるのですが、雨で点灯する人って案外少ないですよね。みんな怖くないのかな。。

 

意外と水滴バシバシで走ってるのね、みんな

そういえば、最近の高級車とかはもともと水滴がつかないように加工されている、って話を聞いたことがあったので、停車中に隣のレーンのクルマのミラーを覗き見してたんですが、結構水滴がびっしりついたクルマが多かったですね。

というかほとんど水滴だらけでした。トラックとかプロの方が運転するクルマは水滴ついていなかったかな。さすが。

 

撥水加工するとこうなる

他人はどうあれ、僕は怖くて仕方ないので、温泉行く途中でオートバックスに寄って撥水スプレーを購入。温泉に入る前に駐車場で施工して帰ってきました。

 

f:id:Nerimar:20170513163721j:plain

 

自宅に帰ってきてしまったので、クルマが写っていませんが、かなり鮮明になりました。

 

フツーの撥水剤じゃダメなんです

ガラスの撥水というとガラコとかその辺を連想しますが、フロントガラスに使うものと同じのを使ってもダメです。

別の記事でも書きましたが、風圧がかからないと水滴がすっ飛んでいかないので。

 

なので、サイドミラーにはサイドミラー用のスプレーを使います。

僕が知っているのはCCIとガラコのもので、どちらも性能的には同じぐらいでしょうか。

フロントガラスに施工するものと違って、蓮の葉のように超微細な突起を生成して水を弾くようになります。なので、ちょっと触っただけで剥がれてしまうんです。

洗車のときは要注意。

 

amazonとかで500~700円ぐらいで売ってますし、雨の日にドアミラーの水滴が気になる人は使って見てはどうでしょうか。

これだけで事故の可能性を下げられるのですから、とても安い投資です。

 

どのぐらい効果があるかはYoutubeとかで検証されているので参考にどうぞ。


すげーぜ!ガラコ !! 超超撥水 ガラスミラーコートの実力 !!

 

今日も安全運転で行きましょう。

 

シーシーアイ(CCI)  スマートビュー サイドミラーコート 50ml G-125

シーシーアイ(CCI) スマートビュー サイドミラーコート 50ml G-125