読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歯科衛生士の婿

歯科衛生士話は少なめ。主にクルマと仕事のこと。

辛さの基準値を表示してほしい

辛いものが好きです。

でも辛すぎるのはだめです。

ココ壱の2辛ぐらいがちょうどよくて、大好きなつけ麺屋「やすべえ」のからつけ麺辛さMAXあたりも好きです。

額にうっすら汗が滲むぐらいの辛さ。

 

つけ麺屋さんに行くと、だいたい辛いつけ麺を頼むのですが、毎回どのぐらい辛いのかわからずに困ります。

今日も初めて入るつけ麺屋で辛いつけ麺を頼むと、「とても辛いけど大丈夫?」と聞かれました。そんなの聞かれても、どのぐらい辛いかわからないし、実際食べてみたらちょうどいいぐらいの辛さだったので、辛さ控えめで頼まなくてよかったと思いました。

 

こういうとき毎度思うのが、どのぐらい辛いか基準を決めてそれで表示してほしいということです。

お店によっては◯◯倍とか大辛、辛さMAXとか色々表記があるけど、そういうのやめにして、全部基準を統一して欲しいんです。

 

そんな基準はないのかな、と調べてみたら、ありました。その名も

スコヴィル値

 

なんか強そうですが、ウィルバー・スコヴィルさんというアメリカの学者さんの名前からだそうです。

詳しい数値はウィキペあたりで見たもらったほうが早いと思いますが、これがあれば食べようとしているものが大体どのぐらいの辛さかわかりますよね。

 

スコヴィル値表示義務化

もうね、スコヴィル値100を超える食品についてはスコヴィル値の表示を義務付けてほしいですね。特に外食産業。

スコヴィル値が表示されていれば、初めて入る店でも辛さの基準がわかりますし、人に辛いけど美味しいものをすすめるときも、スコヴィル値を一緒に伝えれば安心です。

 

というわけでスコヴィル値の表示を義務付けてほしいんですけど、まぁ無理か。

 

 

 

 

 

ブリタ Fill&Goを1週間使ってみた感想

こんにちは。歯科衛生士の婿です。

 

僕の会社にはウォーターサーバーがないので、水も自動販売機でミネラルウォーターを買わなければならず、毎日買っているとお財布のダメージもなかなかです。

 

最近は300円均一の店で買ったオシャレっぽい水筒に水やお茶を詰めて行ってたのですが、もうすぐ暖かくなり、必要な水分量を取るには心もとない。

 

水筒を2本持つと重いし、どうしようか迷っていたときにBrila Fill&GoのCMを見て、直後に買いに出かけてました。久しぶりに衝動買いです。しかもわざわざ出かけてまで。

 

Fill&Goの概要

一応概要だけ説明しときます。

Fill&Goは浄水器付きの水筒です。

水道水を詰めて、飲むときに飲む分だけ浄水される仕組みです。

600ml入ります。

フィルタは4週間ほどで交換することを推奨されています。

(1日5L 浄水した場合。そんなに飲めんわ)

 

なので、これで会社の給湯室から出る水道水で夏場をしのごうと思ったわけです。

自動販売機の水は冷えていて、結露が書類やキーボード、スマホに垂れそうで嫌なんですよね。お腹も冷えますし。

ブリタも推奨していますが、常温の水であればお腹への刺激が少なくて済みます。

 

ぱっと見の感想 = でかい。

f:id:Nerimar:20170312154429j:plain

正直、でかいです。

ティッシュの箱と並べるとわかりますが、かなり大きい。

 

下の写真が手に取ったところ。

僕は身長が185cm位あり、手もかなり大きいのですが、それでも持つと少し大きめに感じます。まさに白人規格の大きさです。

小柄な女性にはかなり大きく感じるのではないでしょうか。

 

 

f:id:Nerimar:20170312154550j:plain

 

 

 

パーツは4種類

f:id:Nerimar:20170312154833j:plain

 

左上:ボトル

左下:マウスピース部分

右上:蓋

右下:フィルタ

 

本体は4つに分かれていて、ボトルに蓋をして、その上にフィルタを乗っけてマウスピースをはめる感じです。

 

↓蓋にフィルタを乗っけたところ

f:id:Nerimar:20170312154823j:plain

 

↓その上にマウスピースをはめたところ

f:id:Nerimar:20170312154818j:plain

 

飲み方

スポーツを良くする人ならわかると思いますが、飲むときはこのマウスピースを引き上げて、水が通るようにします。

 

↓マウスピースを引き上げる前

f:id:Nerimar:20170312155230j:plain

 

↓引き上げたあと この状態で口をつけて直接飲みます。

f:id:Nerimar:20170312155239j:plain

 

Fill&Goのいいところ

・コスパ

満足しています。夏は会社の中でも1リットルぐらいは水を飲みたいのですが、いちいち買っていると200円ぐらいはかかります。
Fill&Goの本体は2300円ほどなので、1ヶ月半もすれば元を取れる計算です。それまでにはフィルタも交換しなければならないと思いますが、それでも毎日自動販売機で水を買うのよりよっぽど安いです。

 

・軽い

Fill&Goは浄水器付き水筒なので、家を出るときは水筒は空にしています。600gの重りがカバンに入っているのと入っていないのでは大違いです。

帰るときも水が余っていれば捨ててしまいます。カバンが軽いに越したことはありません。

 

・見た目がまぁまぁオシャレ

これは人によると思いますが、僕はデザインは気に入ってます。

 

・運転中にも最適

クルマが動いているときに飲むのは危険ですが、蓋を締めるのが簡単だし、吸った分だけ出てくるので、こぼすリスクも低くて楽ちんです。

一応ペットボトルサイズなので、ボトルホルダーにも入りますので、この先ドライブには欠かせないかもしれません。

 

改善してほしところ

・飲むのにちょっとコツがいる

よくサッカー選手が休憩時に使っているボトルと違い、硬い材質で作られているので、握ることができません。

なので、飲むときはマウスピースに口をつけて「吸う」ことが必要です。

で、この「吸う」という作業に少しコツが必要で、最初のうちは「ジュルルルル!」という不快な音を立ててしまって周りの人に迷惑を掛けていました。

もう少し静かに飲めるように改良してほしいですね。

 

・デカすぎ

600ml入るのはいいのですが、流石にでかいです。

300mlぐらいで十分なので、ワンサイズ小さいモデルのほうが日本人のサイズ感にはあっていると思います。

 

・たまに水があふれてくる

これは文字では表現しづらいのですが、たまにフィルタ付近の水がマウスピースから溢れてくることがありました。デスクを水浸しにしてしまうので、これも直してほしいですね。

 

 

というわけで、不満点も残る出来のFill&Goですが、コスパ的にも満足していますし、自動販売機でお茶や清涼飲料水で不要なカフェインや糖分を取ることの抑止にもなりそうなので、大変満足しています。

改良版が出たら新しいの買っちゃうかもしれませんが、今年の夏はこれで乗り切ろうと思います。

 

 

 

 

 追記

本当にお得なのか、念のため計算してみました。

週5日会社で100円分の飲み物を買っていて、それをFill&Goに置き換えた場合は、回収までに約60日かかることになります。

 

f:id:Nerimar:20170520143514p:plain

 

(投資額=本体費用 + 交換フィルタ費用 本体=2300円、フィルタ=2000円。真面目に4週間毎に交換している場合で計算)

 

週5日200円分の飲み物代をFill&Goで代替すると、約30日で回収完了です。

f:id:Nerimar:20170520143528p:plain

 

 なので、毎日水筒一本持っていって、あとは1本ぐらいはお茶やコーヒーにしたい、という方にはお得ではないかもしれませんね。

 

毎日ペットボトルの水を買っていてもったいないと思っている人や、環境のことを考えてゴミを出したくない人にはおすすめですね。

 

※2017/05/20 グラフに変な項目が混ざっていたので差し替えました。

 

ノロと名のつく除菌製品はまだあったのでちょっとだけ調べてみた

こんにちは。

昨日の記事でノロパンチという商品がノロウィルスに効くのかどうかはっきりわからない、ということを書いたのですが、ノロなんとかという商品が他にもあったのと、厚生労働省がちゃんと試験をしていたので、結果を調べてみました。

 

nerimar.hatenablog.jp

 

 

厚労省の結果はこちら。

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11130500-Shokuhinanzenbu/0000125854.pdf

 

レポートの内容

平成27年度となっているので、去年のレポートです。

さて、このレポートには、No.K~No.Uの合計11個のエタノール系製剤のウィルス除去実験の結果が載っています。

ちなみに、ノロウィルスではなくFCV(ネコカリシウイルス)を代替物として使っているようです。昨日の記事でもノロウイルスは培養できないらしいと書きましたが、やはり実験は似たような性質を持つものでやったようです。

ですので、この実験の結果は必ずしもノロウイルスに対して有効かそうでないかを示すものではないということにご注意ください。ただ、FCVはノロウイルスと性質が似ているので、よく実験に使われるそうです。

 

肝心の結果

さて、結果ですが、厚労省のレポートにはNo.某とのみ記載されており、明確に商品名は書かれていません。なので、同じレポートに記載してある成分表をググって、同じ成分の製品を見つけてきました。その結果がこちら。

※あくまで同じ成分の製品を探してきただけなので、其の製品の結果かどうかはわかりません。念のため。

                 

No.同じ成分の商品厚労省レポートの結果
KノロキンクリアPRO有機物負荷のない条件でも FCV はほとんど不活化されなかった。
Lアルタンノロエース有機物負荷のなしの条件において 30 秒の反応で 2.32 log10,3 分の反応で 3.52log10 の不活化が認められた.
Mノロクリア スプレー有機物負荷のない条件でも FCV はほとんど不活化されなかった。
Nハンドラボ 手指消毒スプレーVH有機物負荷のない条件において 30 秒の反応で 3.94 log10の不活化効果を示した。有 機物負荷条件下では 30 秒の反応で 2.39 log10以上,3 分の反応で 3.52 log10の不活化効 果が認められた。
Oラビショット・ラビジェル有機物負荷のない条件でも FCV はほとんど不活化されなかった。
Pヴィルキル有機物負荷のない条件において 2.68~3.38log10 の不活化効果が認められたが,有機 物負荷条件下では不活化効果は認められなかった。
Qウエルセプト高頻度接触面消毒用有機物負荷のない条件において 2.89~3.94log10 の不活化効果が認められたが,有機 物負荷条件下では不活化効果は認められなかった。
Rエークイック・プロ有機物負荷のない条件において 3.24~3.87log10 の不活化効果が認められ,有機物負 荷条件下では 1 分以上の反応で 2.39~3.45 log10の不活化効果が認められた。
Sジェームズマーティン フレッシュサニタイザー有機物負荷なしの条件において 2.18~3.17log10の不活化効果が認められたが, 有機 物負荷条件下では不活化効果は認められなかった。
TメイプルアルコールA75有機物負荷のない条件でも FCV はほとんど不活化されなかった。
U全く同じものは見つけられなかった有機物負荷なしの条件において 2.96~3.87log10 の不活化効果が認められ,有機物負 荷条件下では 3 分の反応時間で 2.46 log10の不活化効果が認められた。

 

有機物負荷と言うのは肉エキスを混ぜて、除菌効果を妨げようとする試験の項目のようです。

僕は典型的文系なので、logとか超苦手なのですが、少なくともこの結果からわかるのは、No.K、M、O、TについてはFCVに対して除菌効果はほとんどない、ということです。

同じ成分の製品は、ノロキンクリアPRO、ノロクリアスプレー、ラビショット・ラビジェル・メイプルアルコールでした。

この内、ラビショット・ラビジェルとメイプルアルコールは業務用でその辺に売っている感じではないですね。あとノロクリアスプレーもamazonでは取扱中止になっているのと、製造元のキューピーのウェブサイトにも載っていないので一旦置いときます。
つーかキューピーってこんなもの作ってたのね。。

 

ノロキンクリアPROとはどちらかと言うと一般向けに売っているイメージですので、ちょっとだけ深掘って調べてみます。

と思ったら製造元サイト(キンチョー)にも大したことは書いていないくて、ただ「アルコールや石鹸では効果がなかったウイルスにも除去効果」と書いてあるだけ。

これホントに効くんかいな、という怪しい書き方ですが、厚生労働省いわく、FCVには効かないそうです。仮にFCVに効かない≒ノロウイルスに効かないが成立しているとすると、ノロウイルスにもほとんど効かない気がします。

というかこれノロパンチよりいい加減な気がしてきた。amazonのレビュー見ると、絶対勘違いして買ってる人いるけど、、、

 

 何かしら効果がありそうなもので家庭用のもの

さて、効かない成分のものはわかったけど、結局どれで家庭内除菌すればいいのさ、となるわけですが、どうもこのレポートには業務用製品が多く、効果があると認められる物の中でその辺で売ってそうなのは、「ハンドラボ 手指消毒スプレーVH」ですかね。

サラヤハンドラボ 手指消毒アルコールスプレーVH 300mL [指定医薬部外品]

 

メーカーはサラヤというところです。ここはヤシノミの食器用洗剤とか作ってるところですね。あまり有名ではないかもしれませんが、見たことある人は多いのでは。

サラヤ ヤシノミ洗剤 (無香料・無着色) 600ml ポンプ付

 

あとジェームズマーティン!

これは本来業務用で、僕が務める会社にもおいてあって、なんだこれ?と思っていたのですが消毒液だったんですね。これもFCVに対する効果はあるようです。

消毒液っぽくないおしゃれな外見が良いですね。

ジェームズマーティン フレッシュサニタイザー 500ML スプレー

 

 

まだまだノロの季節は続きますから、我が家でも妻に相談してどちらか一つ買ってみようと思います。

 

 

ところではてなブログってExcelの表貼り付けられないんだっけ?

まさか手打ちでTABLEタグ書くとは思わなかったわ、、、

 

 

 

 

 

 

 

結局ノロパンチは効くのか効かないのか

こんにちは。ねりマールです。

 

ノロウィルス、流行っているみたいですね。

僕も10年ほど前にかかったのですが、本当にきつかった、、、

ので、職場や駅のトイレを使用したときは特に念入りに手洗いをするようにしています。

 

ノロウィルスには次亜塩素酸ナトリウム

さて、このノロウィルス、インフルエンザやらなんやらと違い、アルコールが効かないらしいです。

妻にも言われたのですが、ノロには次亜塩素酸ナトリウム。いわゆる漂白剤の成分じゃないとだめだと言われました。

 

まあ、ノロウィルスにアルコールは効かない、というのは衛生に興味のある人なら大体知っているのではないでしょうか。

 

ここまでは前置きで、ノロウィルスには次亜塩素酸ナトリウムというのは妻と僕との間での常識でした。

 

ノロパンチってなんじゃろな

しかし、去年薬局に行くと、「ノロパンチ」といういかにもノロウィルスに聞きそうなスプレー剤が売っているではないですか。

これは便利かもと思って手にとって見たのですが、主成分はエタノール。次亜塩素酸という表示はありませんでした。

僕はこの時「これはアカンやつや」と思いました。「ノロパンチ」と聞けば、知識のない人ならノロウィルスに効きそうだと思いますもんね。

でもこの商品はエタノール製剤。僕の知っている限りの知識では、ノロウィルスに効果は全くありません。

 

そのうち消費者庁かどこかに注意されるだろう、と思っていました。

 

が、今年は別のドラッグストアでも見かけて、ポップに「売上No.1」という表示が!!!

 

まじかよ、こんな詐欺まがいの商品がそんなに売れてるの?というか去年問題にならなかったのかな?と思い自宅に戻って調べてみました。

 

まず、amazonで調べてみると、出るわ出るわ星1個の嵐。

その殆どが成分がおかしい、アルコールじゃ効かない、と言うものでした。

星5つもついていますが、どうもノロパンチという名前につられて買っただけのようなレビューが続きます。

 

では製造元はなんて言ってるのかな?と思い、ノロパンチのウェブサイトを見てみると、、、じつはノロウィルスに効くという言葉は一言も出てきません。むしろノロウィルスという言葉すら出てきません。

 

サクッと見ただけでは、「ウィルスには効くけど、ノロウィルスに効くとは書いてないよ」というふうに感じました。

が、よく読んでみると、ノロパンチはクエン酸を使用して弱酸性のエタノール製剤としたことで「ノンエンベロープウィルス」というウィルスにも効果を発揮する。とのこと。

 

 

ノンエンベロープウィルスってなんだ?

ん?ノンエンベロープウィルスってなに?

その辺の説明が一切ないので調べてみたのですが、どうもインフルエンザなどと違い、アルコールが効きにくいウィルスなんだとか。ノロウィルスやロタウィルスがそれに属するとのこと。

つまり、ノロパンチは「ノンエンベロープウィルスには効く」そうです。

しかしノロパンチのウェブサイトには除菌率99.9%などの言葉が並んでいますが、それがノンエンベロープウィルスに対してのものなのかそうでないのかがよくわかりません。表現が下手なのか、意図的に隠しているのか、、、

 

もしノロパンチのノンエンベロープウィルスに対する試験の結果があるのであれば、しっかりとノンエンベロープウィルスに対して◯◯%ぐらいの効き目、という風に書いて欲しいものです。

 

確実に言えるのはこれだけ

a.ノロパンチはノンエベロープウイルスに何らかの効果がある

b.ノロウィルスはノンエベロープウイルス

c.ノロパンチによるウィルスの除去率は99.9%以上

ここからノロパンチがノロウィルスに効くかどうかを見極めることはできませんね。

なんか公務員試験みたいですが、これだけではノロパンチがノロウィルスを除去できるとは言い切れません。

 

 

結局、ノロパンチがノロウィルスに効くのかどうかはよくわかりませんでした。

唯一わかったのは、ノロパンチがノンエンベロープウィルスに対して、何かしらの効果が有るということだけ。(除菌できるとも書いていない)

このウェブサイトからじゃノロに対する除菌効果があるかどうかはわかりません。

 

ちなみに、ノロウィルスって人工的に培養が難しいそうです。なので、繁殖したノロウィルスに対して実験できないので、はっきりとした実験結果を載せられないのでしょうね。

 

ノロパンチ、安くないので、僕はしっかり手洗いでなんとか頑張ります。あとは体力と腸内環境を整えて発症しないようにすることが大事だと思います。

 

ノロパンチのウェブサイトはこちら。

 

www.noro-punch.net

 

 最初はノロパンチの効果や除菌率の話ですが、途中からウィルス性食中毒の話になってます。

ストーリー作るなら逆じゃね??と一応Webマーケターの端くれとしては疑問を呈さずにはいられません。

まあ人様のウェブサイトに文句つけてもなんにもならないのですが見れば見るほど何が言いたいのかわからなくなったので、このへんでやめときます。

 

 

嫁がラーメンを飲んでいた

先日、妻と買い物に出かけた際、たまにはラーメンでも食べようか、ということになり、新宿のマルイアネックスにある青葉に行ってきた。

 

食べながら会話していると、妻が「ねえ、ラーメンって噛んでる?」と聞いてきた。

僕は意味がわからず、「咀嚼しているか、ってこと?」と聞き返した。

「そう」と答える妻。

なんでこんな質問されるのかわからずにいると、妻は続けて「わたし、噛んでない」と言う。

 

ますます意味がわからないのでさらに問いただすと、「噛まずにそのまま飲んでいる」と言いだした。

 

まさかそんなはずは無いだろうと、実際に食べるところを凝視してみると、確かに一切咀嚼せずに飲んでいた。

ラーメンをすすった直後、間髪を入れず喉が動いて嚥下していた。

 

カレーは飲み物とか言うけど、ラーメンも飲み物だったのか、と衝撃を受けた。

ちなみに妻は別にデブではない。

 

 

ラーメン屋を出るとき、「お餅も飲むよ」と言いだしたので、いつか詰まらせて死ぬんじゃないかと心配だ。

 

結婚して体質が変わってきた話

結婚してしばらく経つのですが、ここ最近自分の体質がかなり変わってきていることを実感します。

 

お腹が弱くなくなった


以前の僕は月の半分は下痢をするぐらいお腹が弱く、毎日ストッパを持ち歩いていました。
特に朝は弱く、朝ごはんを食べると確実にお腹を壊していました。

しかし、ここ1年ほどはそのようなことが少なくなり、ほとんど下痢をすることがなくなりました。

 

第一の仮説 玄米食

なんでだろうと考えているのですが、これといった要因はわからず、僕の中の仮説として、「玄米食」と「腸内細菌の共有」なのかな、と思っています。

なぜか僕の妻は玄米が好きで、ごはんを食べるときは確実に玄米です。
玄米は臭くて食べにくいといわれましたが、慣れれば全く違和感なく食べられます。
最近の炊飯器には玄米モードもあるので、そのおかげかもしれません。

玄米食に関する情報は数ありますが、妻は便秘になりにくいと喜び、僕は仮説ですが下痢になりにくいと喜んでいます。なので、多分お腹にはいいのでしょう。よく噛むようになりましたし。

また、チャーハンを作るときパラパラになるので美味しい、という副産物もありました。

玄米の嫌なところは、もちもちしないので、食事の時に米粒をポロポロこぼしやすいことぐらいでしょうか。

 


第2の仮説、腸内細菌共有


玄米だけでそんなにお腹の調子が良くなるわけがない、と思っているのも事実。

ヨーグルトもよく食べますが、それは昔から一緒。
他にお腹の調子を良くする要因として、妻の腸内細菌がトイレを介して移ってきた、というトンデモ説です。

だいぶ前に腸専門の医師がテレビ番組で「渋谷なんかの若者がよく使いそうなトイレで細菌をもらってきている」という話をしていることがあり、ふと思い出しました。
本当かどうかはわかりませんが、妻は便秘になることはあっても下痢になることは少なく、妻のお腹の良い部分だけ移ったのかもしれません。

 


結局原因はわからないのですが、ともかくお腹の調子が良くなったのは事実。
薬代も減ったし、トイレにこもる余計な時間もなくなったのでいいことづくめです。
下痢に悩んでる人はお腹の強いパートナーと一緒に住んで玄米食べるといいかもしれませんよ。

人生最悪の年越しから今年もよろしくお願いします

新年あけましておめでとうございます。今年は仕事が山場。去年やった種まきの成果が問われる年ですので、気合入れて頑張ります。

が、今シーズンの年末年始は最悪でした。
今年は実家でゆっくり過ごそうと思って帰っていたのですが、せっかくなので実家近くのアウトレットに行くことにしました。
で、玄関で靴を履こうとしたら、背中から「バリッ!!」という聞いたことのない音がしたんです。
実際に音がしたかどうかはわからないんですけどね。痛すぎて。
背中を中心に全身に電気が走ったような衝撃を受けたんです。
感電したことないからわかんないんですけど、他に表現が思い浮かばないので。。。

いわゆるぎっくり腰ですね。
最初はなんとかなるかと思ってアウトレットに出かけたのですが、どうにも痛くて仕方がないので、すぐに帰宅したのですが、母からすぐに病院へ行きなさい、と言われそのまま病院へ。
なぜか自分の運転で。

散々待たされた挙句、診断結果は「僕、整形は専門じゃないからわかんないんだけど、多分ぎっくり腰じゃないかな?」という意味のわからないもので、痛み止めだけもらって帰りました。使えねぇ。

そんなわけで大晦日はほぼ寝たきり。チビっと紅白見て、寝る前にガキの使いを見たのですが、笑うと腰に響くのでテレビを消して寝ました。
そのあとは妻の希望でカウントダウンTV見ながら年越し。
最低の年越しでした。

幸い一晩寝ると痛みがだいぶ引き、もう一晩寝ると歩ける程度に回復しましたので、予定通り帰ってきました。

帰りは北陸自動車道→上信越道→関越自動車道のルートで帰宅。
富山の砺波ICを2時半ぐらいに通過して、休憩しながら9時には練馬の自宅に到着しました。
渋滞は上里SA近くの事故渋滞ぐらいであとはスイスイ。少し時間ずらすだけでだいぶ回避できますね。

そんなわけで今年は最悪のスタートを切りましたが、3日にひいたおみくじは大吉なので今年もハッピーですね、多分。
しょうもないブログ書いてますが今年もよろしくお願いします。